人気ブログランキング |

カテゴリ:芸術・文化( 76 )

阿弥陀如来像

お早うございます。
今日から2月がスタートです。

京都に住む叔父は叔母か亡くなって以来
仏像彫刻に夢中になって何体も彫って彫って
今度は
夫の守り本尊 阿弥陀如来像を彫って下さいました。
素晴らしいお品のあるお顔です。
阿弥陀如来とは??

阿弥陀如来」の「阿弥陀」には、2つの意味があります。
1つは、「アミターバ(阿弥陀婆)」で、
光明無量ということです。「光明」とは仏様のお力です。
阿弥陀仏の光明の届かないところはありませんので、
空間的に限りがないということです。

もう1つは「アミターユス(阿弥陀ユ斯)」で、
寿命無量ということです。
阿弥陀仏の寿命は限りがないので、
時間的に無限ということです。

我が家の宝物です。
b0264450_15574777.jpg
b0264450_15581234.jpg
無限の寿命を持つことから無量寿如来ともいいます。
限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けるとされており、
西方極楽浄土の教主です。
四十八願(しじゅうはちがん)という誓いを立て、そ
の中には「南無阿弥陀仏」と唱えたあらゆる人々を必ず極楽浄土へ導くとあり、
広く民衆から信仰されました。
ちなみに他力本願も四十八願の誓いから来ており、
本来は阿弥陀様にすがって極楽に行こうという意味です。


by assiette-blanche | 2019-02-01 08:41 | 芸術・文化 | Comments(0)

Lisa L 猫のオブジェ

スウェーデンの代表
リサ・ラーソンの代表作 猫の陶器のオブジエ
義妹からのプレゼント
じっと見あげるような表情と
思わずヨシヨシと撫でたくなるような丸いフォルムが可愛い💛
どこから見ても愛くるしい姿に癒されます。
b0264450_10062907.jpg

by assiette-blanche | 2019-01-31 08:38 | 芸術・文化 | Comments(0)

古帛紗

お友達からpresentされた古帛紗
古帛紗って
多くは 名物柄などの織り裂地
茶碗やお道具をのせるなどして用います。

柄は天正カルタ
遊戯具の一つであるポルトガルのカルタの紋標を
織りなしたもの・・・
色使いと柄に異国情緒あふれる経錦
b0264450_08434764.jpg
b0264450_08440769.jpg


by assiette-blanche | 2018-07-09 06:23 | 芸術・文化 | Comments(0)

素敵な和紙箱

素敵な贈り物を頂ました。
光原社の和紙箱
素敵な言葉と一緒に・・・

感覚に合うものと出会い
一緒に暮らすことで
自分だけのものに育てていく喜び。

あるものは、つやが増し
あるものは、色あいが深まり
あるものは、色あいがやわらいでいく
その楽しさを感じていただければ
どれほど、うれしいことか。

どうぞ、愛おしいものを日々の暮らしに。

b0264450_07315735.jpg

by assiette-blanche | 2017-10-03 08:36 | 芸術・文化 | Comments(0)

リメイクのバック

7月に神戸に転居した両親
お茶とお花を嗜んで楽しんで居た母の大切な着物
そんな母の着物を殆ど処分するにあたって
着物を貰って下さり それを活用して下さる場所は無いかしら??と
早速地元 松江のお友達に聞いてみると
快く引き取って下さったのが 暮らしのギャラリー なすの花の山根英美さん
着物ならではの上質な素材と色柄を活かしながら
現代風にアレンジしたお洋服やバックとして
新しい息吹と得て蘇る

母が一度も締めなかった夏の帯をバックとして蘇らせて 送って下さいました。
今度母の元に行くときに持参して見せてあげようと思っています。
b0264450_09524379.jpg


by assiette-blanche | 2017-08-24 09:13 | 芸術・文化 | Comments(0)
いつもいろんな楽しい事のお声がけをして下さる
年上マダムのメンバー
その中のお一人が季節毎に舞台に立たれます。
今回は目白庭園内にある 
赤鳥庵 という茶室で舞わました。
つかの間の休日 静かに時間が流れる中 
お邪魔して来ました。
b0264450_15423892.jpg
b0264450_15425515.jpg
b0264450_15431055.jpg
b0264450_15432693.jpg
b0264450_15434018.jpg

by assiette-blanche | 2017-05-21 10:09 | 芸術・文化 | Comments(0)

春日大社 千年の至宝

昨日も良い天気
上野の国立博物館へ
春日大社の千年の至宝展へ
世界遺産に認定された大社

春日大社は「平安の正倉院」と呼ばれ、平安貴族の美意識を反映した国宝の古神宝が多く伝わります。本展ではこれら平安工芸の最高峰といえる作品の展示

春日大社には祈りや願いを込め、歴史上の偉人たちから多くの甲冑や刀剣が奉納されました。これら日本を代表する国宝の甲冑や刀剣類も迫力満点でした。



奈良と言えば、鹿。春日大社と鹿は切っても切れない関係にあります。信仰の対象でもあり、多くの造形に表わされた神鹿の姿が沢山作品の中に見られました。

b0264450_08505743.jpg



b0264450_08502817.jpg
b0264450_08504482.jpg
この灯篭だけが写真OKでした。

by assiette-blanche | 2017-02-12 09:01 | 芸術・文化 | Comments(0)
毎年 我が家の2匹に贈ってくれる
猫仲間の友人madame MUから今年も届きました。
b0264450_09065019.jpg
有難うね。。=^_^=

by assiette-blanche | 2017-01-17 07:59 | 芸術・文化 | Comments(0)

飛騨春慶塗

某テレビ局のイッピンと言う番組で紹介されてた

岐阜高山市の漆 春慶塗

以前頂いた器があったので 興味深く創作過程に見入りました。

これが頂いた小物入れ・・

ヨーロッパで言うとボンボン入れ??

b0264450_09102146.jpg

漆塗りには、黒漆・朱漆が基調とされる中、

飛騨春慶は、透明で仕上げ木肌

の持つ木目の美しさを、そのまま活かすところに特徴があります。 


塗師は、生漆を独特の方法で加工し透漆を精製します。

この透漆は塗師によって微妙に色調が異なり、塗師の個性が出ます。

ですから「木地つくり」をそのまま生かす透明な漆を使う、

塗りの工程が大きな特色です。

木地の良さを最大限に生かす為、デザインはシンプル。

それでいて、軽やかな風合いと気品の高さを漂わせています。

板を立体的に仕上げる曲げの技法が優れていて

他の漆器とは違い、

透明で天然の木目の美しさをそのまま活かし、

色は黄色、紅が多い。

また、軽くて丈夫である。

板物(など)曲物(菓子箱、重箱など)挽き物(茶托など)が多く、

特殊な物として家具、仏壇などがあるそうです。



by assiette-blanche | 2016-06-08 08:22 | 芸術・文化 | Comments(0)

大垣まつり

毎年行われる大垣まつり
国重要無形民俗文化財
ユネスコ無形文化遺産候補
360年余の伝統を誇り 13両のやまが城下町を巡行
華麗な祭り絵巻です。
13両のやま 
b0264450_13433233.jpg
b0264450_13425418.jpg
b0264450_13444724.jpg
b0264450_13450613.jpg
b0264450_13452783.jpg
b0264450_13461176.jpg
b0264450_13463049.jpg
b0264450_13465493.jpg
b0264450_13472342.jpg
b0264450_13474792.jpg
b0264450_13480871.jpg
b0264450_13484341.jpg
b0264450_13491993.jpg
如何ですか?
それぞれのやまには
からくりの人形の動きの違いや装飾など・・
工夫された物ばかりでした。。

by assiette-blanche | 2016-05-15 08:19 | 芸術・文化 | Comments(0)

  PorcelainePaintngの教室 日々の備忘録 素敵な言葉 好きな事 美味しい物探し 50代主婦の徒然日記    


by マダムnori